為替:4年8カ月ぶりのペソ高に、貿易赤字縮小等で

米長期金利低下も影響、7日の終値1ドル=47.855ペソ

2021/05/09

   2021年5月7日のペソ対米ドル終値は、1米ドル=47.855ペソで前営業日の47.980ペソから0.125ペソ続伸した。市場予想を下回る米景気指標発表に伴う米長期金利低下や、7日発表のフィリピン貿易統計において赤字が11%縮小と確認されたことで、ペソ高ドル安の動きが加速、終値ベースでは、2016年9月20日の47.845ペソ以来、約4年8カ月ぶりのペソ高水準となった。

 加重平均レートは、1米ドル=47.900ペソで、前営業日の47.979ペソから0.079ペソ続伸。出来高は、前営業日比1%増の9億8,537万米ドルであった。


 ペソ対米ドルレートの動き(単位:ペソ)
項目 当日 前営業日
年月日 2021年5月7日 2021年5月6日
 始 値 47.920 48.000
 高 値 47.855 47.935
 安 値 47.945 48.025
 終 値 47.855 48.980
 加重平均 47.900 49.979
 出来高(百万米ドル) $985.37 $978.05
(出所:フィリピン銀行協会資料より作成)