比、6日時点で日本のオミクロン株指定国に含まれず

ワクチン接種証明書保持の帰国者、施設隔離免除

2021/12/06

 在フィリピン日本国大使館は、12月6日、日本における新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置(有効なワクチン接種証明書保持者で、デルタ株等のオミクロン株以外の3日間指定国・地域からの帰国者・再入国者への隔離期間変更)というタイトルの情報を発出した。その概要は以下のとおり。

1 12月3日、日本において新たな水際対策措置が決定され、12月4日(土)午前0時(日本時間)以降、デルタ株等のオミクロン株以外の変異株による3日間指定国・地域からの帰国者・再入国者等のうち、有効なワクチン接種証明書保持者については、検疫所の待機施設での3日間待機を求めず、14日間の自宅等待機措置に切り替えることを発表した。

 なお、12月6日現在、フィリピンは日本政府から、デルタ株等による指定国・地域に指定されているが、オミクロン株による指定国・地域には含まれていないので、有効なワクチン接種証明書を保持すれば、検疫所指定待機施設での3日間待機が不要となり、14日間の自宅等待機措置のみとなる。
 外務省本省から別途「広域情報:新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置(12月3日付け)」で案内されており重複するが、改めて案内するものである。

2 なお、オミクロン株が世界各国で検出されていることから、フィリピン及び日本双方において、新型コロナウイルスに対する水際対策措置のため、入国・帰国の検査・検疫に関する内容は日々変更されている。日本及びフィリピンへの帰国・入国等の際には、留意するとともに、最新の情報を確認されたし。

【関連情報】
日本国外務省
・広域情報:新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置(令和3年12月3日)
 https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2021C152.html 
・水際強化措置に係る指定国・地域一覧(令和3年12月3日時点)
 https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdf2/1203_list.pdf 
・オミクロン株に対する水際措置の強化(2)
 https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdf2/1203_21.pdf 
・有効と認められる新型コロナウイルス感染症に対するワクチン接種証明書発行国・地域(2021年12月1日時点)
 https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/countrylist1201.pdf