JT、フィリピンでの1千億円超の買収手続き完了

2017/09/08

   JT(日本たばこ産業)グループの海外たばこ事業を担うJTI(日本たばこインターナショナル)及びJTIフィリピンズによるフィリピンでの大型買収手続きが、9月7日、完了した。

 JTグループは、8月22日、フィリピンにおいてたばこ事業を展開するマイティ コーポレーション(MC社)のたばこ事業に係る資産を468億ペソ(約1,020億円)で取得することについて合意し、これに係る契約を締結した。付加価値税等を含む総額は526 億フィリピン・ペソ(約1,147 億円)。取得する資産には、MC社の保有する流通販売網、製造設備、製品在庫及び知的財産権が含まれている。フィリピン競争委員会(PCC)も、8月29日、この資産買収を承認した。

 この買収は、JTグループの中長期に亘る持続的な利益成長に向けた地理的拡大の一環である。本件により、フィリピン全域にわたる強靭な流通販売網、並びにMighty 及びMarvels 等のブランドを加えた強固なポートフォリオが確立される。なお、本件によるJTの2017年12月期連結業績に与える重要な影響はないとのことである(17年9月17日の日本たばこ産業株式会社ニュースリリースより)。
201611251633_1.png 201611280918_1.jpg 201611280924_1.png 201611280925_1.png 201611280926_1.png 201611280927_1.png 201611280928_1.gif 201611280929_1.jpg