比最富豪はSMのヘンリー・シー氏、世界52位(前年94位)

世界1位はアマゾンのジェフ・ベゾス氏、2位ビル・ゲイツ氏

2018/03/08

    米国フォーブス誌が、3月6日、フォーブスは6日、今年で32回目となる世界富豪番付2018年版を発表した。

 今年はアマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)がマイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏を抜き初の首位に輝いたほか、保有資産額10億ドル(約1,060億円)以上で番付入りした「ビリオネア」は過去最多の2,208人達した。 国・地域別のビリオネア数は、1位米国の585人、2位中華圏(中国本土、香港、マカオ、台湾)の476人、3位ドイツの123人、4位インドの119人、5位ロシアの102人。日本からは35人が入っている。

 世界最富豪となったアマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾス氏の保有資産額は1,120億ドル(約11兆9000億円)で、1年間の増加幅は392億ドル(約4兆1,600億円)と番付史上最大を記録した。一方、過去24年間で18回にわたり世界一の富豪の座についていたビル・ゲイツの保有資産額は、昨年の860億ドルから900億ドル(約9兆6,000億円)へと増加した。

 昨年2位だった著名投資家のウォーレン・バフェット氏は今年、総資産額を756億ドルから840億ドル(約8兆9000億円)へと増やしたものの、3位に後退した。一方、仏高級ブランド「LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン・グループ」のベルナール・アルノー会長兼CEOは昨年から7つ順位を上げて4位に躍進。保有資産額は昨年比305億ドル増の720億ドル(約7兆6000億円)となり、6年ぶりに欧州一の富豪に返り咲いた。

 5位に入ったのは、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOで、保有資産額は710億ドル(約7兆5000億円)だった。ファッションチェーン「ZARA」で知られるスペイン衣料品小売大手インディテックスを創業したアマンシオ・オルテガ氏は6位となり、2011年以降初めてトップ5入りを逃した。オルテガの保有資産額は昨年比13億ドル減の700億ドル(約7兆4,000億円)となっている。

 ドナルド・トランプ米大統領の保有資産額は31億ドル(約3,300億円)で、番付の順位は昨年の544位から766位へと後退。トランプ大統領の資産は、マンハッタンの不動産価格下落や所有するゴルフ施設の売上高減少などにより、昨年から4億ドル(約420億円)減った。

 番付に初登場したビリオネアの数は、昨年の195人から259人に増加。新参者の出身国で最も多かったのが中国(89人)で、以下は米国(45人)、インド(18人)、ドイツ(13人)が続いた。今年の新顔には史上初の「仮想通貨長者」となったリップル共同創業者のクリス・ラーセン氏やイーサリアム共同創始者のジョセフ・ルービン氏が含まれる。

 日本人富豪上位は、世界39位:孫正義氏/227億ドル(ソフトバンク)、55位:柳井正氏/195億ドル(ファーストリテイリング)、68位:滝崎武光氏/175億ドル(キーエンス)、274位:森章氏/63億ドル(森トラスト)、321位:永守重信氏/56億ドル(日本電産)、334位:三木谷浩史氏/55億ドル(楽天)、388位:高原慶一朗氏/50億ドル(ユニ・チャーム)、480位:似鳥昭雄氏/44億ドル(ニトリ)、527位:重田康光氏/41億ドル(光通信)、572位:伊藤雅俊氏/39億ドル(セブン&アイ・ホールディングス)となっている。

 フィリピンにおける純資産10億ドル以上の富豪(ビリオネア)は12人、前年の14人からは減少した。

 2018年フィリピン富豪番付首位は、10年連続でSMグループ総帥のヘンリー・シー氏。その純資産額200億ドルで前年の127億ドルから57%増加した。世界順位は52位で、前年の94位から42ランクの上昇となった。SMグループは、小売・金融・不動産を核とするコングロマリットであり、中核企業SMインベストメンツ、SMプライムホールディング ス、最大行BDOユニバンクなど有力上場企業を有している。

 フィリピン第2位は、JGサミット総帥のエメリトゥス・ジョン・ゴコンウェイ氏。その純資産額は58億ドル。世界順位は305位で前年の250位から低下した。第3位は港湾業務企業ICTSIやカジノリゾート ソレアの運営企業ブルームベリーの総帥エンリケ・ラソン氏で、その純資産額は49億ドル、世界順位は404位で前年の564位から急上昇した。

 以下、第4位がフィリピン航空(PAL)大株主であるルシオ・タン氏(47億ドル、世界441位)、第5位がジョリビー・フーズ会長のトニー・タン・カクティオン氏(40億ドル、世界550位)、第6位がメトロバンク総帥のジョージ・テー氏(39億ドル、世界572位)、第7位がビスタアランドの総帥マニュエル・ビリャール氏(30億ドル、世界791位)、第8位が持株会社アライアンス・グローバル・グループ(AGI)のアンドリュウ・L・タン会長(27億ドル、世界791位)、第9位がサンミゲルのラモン・アン社長(25億ドル、世界965位)、第10位が損保企業PGAの総帥ロバート・コユート氏(14億ドル、世界1,650位)と続く(フォーブス誌電子版、フォーブス・ジャパン電子版などより)。
201611251633_1.png 201611280924_1.png 201611280925_1.png 201611280926_1.png 201611280927_1.png 201611280928_1.gif 201611280929_1.jpg