大手EMS台湾の新金寶、フィリピンを最重要視

中国から生産一部移管も、子会社PSE上場へ

2018/07/13

  台湾の大手EMS企業である新金寶グループ(新金寶)は、 フィリピン市場の成長性を大きく評価するとともに、 生産拠点として重視している。  そして、 フィリピンを今後の東南アジアの生産ハブとして位置づけ、 フィリピンに重点投資を行うとともに、 中国の生産の一部をフィリピンに移管する意向である。  既報のとおり、新金寶のフィリピン現地法人であるCal- Compテクノロジー・フィリピン社(Cal-Comp)が、...

有料会員になって続きを読む
201611251633_1.png 201611280924_1.png 201611280925_1.png 201611280926_1.png 201611280927_1.png 201611280928_1.gif 201611280929_1.jpg