大統領は癌にあらず、内視鏡検査結果報告

2018/10/10

 ドゥテルテ大統領(73歳)は10月9日、「先週行った病院での検査の結果、癌ではなかった」と発表した。
 
 大統領は10月3日、サン・ファン市内の病院カルディナル・サントス・ホスピタルで結腸内視鏡検査及び内視鏡検査を受けた。結果は、バレット食道がアルコール摂取によりひどい状態であるとのことだが、癌ではなかった。また、大統領は、10月6日香港で健康診断を受けたとの報道を否定した(18年10月9日のフィリピン政府通信社発表より)。
201611251633_1.png 201611280924_1.png 201611280925_1.png 201611280926_1.png 201611280927_1.png 201611280928_1.gif 201611280929_1.jpg