資生堂が本格進出、BGCで合弁会社設立へ

有望市場フィリピンでマーケティング統括

2018/11/07

  資生堂(本社:東京都中央区)は、11月7日、フィリピンにおける化粧品事業を強化すべく合弁会社「Shiseido Philippines Corporation(資生堂フィリピン)」を設立すると発表した。所在地はマニラ首都圏タギグ市ボニファシオ・グローバルシティ(BGC)となる。

 資生堂の100%子会社でアジアを統括する資生堂アジアパシフィック(Shiseido Asia Pacific Pte. LTD.)と、シンガポールに本社を置き、アジアで化粧品代理店などを展開するLUXASIA社(LUXASIA PARTNERS PTE. LTD.)との間で合弁契約を調印した。新会社によるオペレーションは2019年7月より開始し、出資比率は資生堂アジアパシフィックが過半を占める。フィリピンでは現在、販売代理店が二社にわたっているが、今後は新会社である資生堂フィリピンで全てのブランドを取り扱い、マーケティング投資を加速し売上拡大を目指す。

 資生堂は現在中長期戦略「VISION 2020」において、「プレステージファースト戦略」のもと、資生堂の強みであるプレステージ領域を第一優先としたマーケティングを行い世界各地で成長を目指している。経済成長著しい東南アジアにおいて、1億人以上の人口を有し、若年層が多く、化粧品市場規模が東南アジアで3番目に大きい(約30億ドル:資生堂推計)フィリピンでは、プレステージ市場が2020年まで二桁成長が続くと予想されており、特にメイクアップカテゴリーが著しい伸長を見せている。加えて中間所得層の拡大とともに日本ブランドの優位性も高まっており、ポテンシャルの高いマーケットと位置付けている。

 「SHISEIDO」、「NARS」や「Laura Mercier」などのプレステージブランドを強化するとともに、中間所得層の化粧品購買チャネルとして比率を高めているドラッグストアなどで、アジアで人気の高い資生堂のクレンジングや日焼け止めなど、コスメティクス、パーソナルケアブランドについても展開していく。こうした活動を通じ、フィリピンにおけるプレゼンスをさらに向上させ、今後もフィリピンの消費者一人ひとりの美しさに貢献することを目指す。新合弁会社の概要は以下のとおり。

(1)名称: Shiseido Philippines Corporation(資生堂フィリピン)
(2)所在地:16/F NET CUBE CENTER, 3rd Avenue Corner, 30th Street E-Square Crescent Park West,         Bonifacio Global City, Taguig, Philippines
(3)事業内容:フィリピンにおける資生堂グループ商品の輸入・マーケティング・卸販売
(4)資本金: 5億8千万ペソ
(5)設立年月:2018年12月(予定)
(6)出資の状況: 資生堂の100%子会社である資生堂アジアパシフィックが過半を出資。
201611251633_1.png 201611280924_1.png 201611280925_1.png 201611280926_1.png 201611280927_1.png 201611280928_1.gif 201611280929_1.jpg