比ホルシム、3億ドルで生産能力30%拡大へ

2018/12/04

 セメント大手ホルシム・フィリピンは、12月3日、2020年までに生産能力を30%拡大する計画であると発表した。    具体的には、ルソン島ブラカンとミンダナオ島ミサミス・オリエンタルの工場において、効率的なキルン、粉砕設備、廃熱回収システムを新設する。これにより、2020年までに生産能力を30%拡大、年産1,300万トン体制を構築する計画。このための投資額は3億米ドル相当と見積もられている。   ...

有料会員になって続きを読む
201611251633_1.png 201611280924_1.png 201611280925_1.png 201611280926_1.png 201611280927_1.png 201611280928_1.gif 201611280929_1.jpg