10月の失業率5.1%、前年同月5%から小幅上昇

首都圏6%、ダバオ3.8%、イロコス6.7%で最悪

2018/12/06

 フィリピン統計庁(PSA)が発表した2018年10月の雇用統計(LFS)速報値によると、10月の失業率は5.1%となり前年同月から0.1%ポイント悪化した。    15歳以上の人口は前年同月比2.1%増の7,189万人で、労働力参加率は60.6%。就業者数は0.5%減の4,132万9千人で、就業率(雇用率)94.9%、失業者数は0.8%増の220万2千人であった。    就業者4,132万9千人の...

有料会員になって続きを読む
201611251633_1.png 201611280924_1.png 201611280925_1.png 201611280926_1.png 201611280927_1.png 201611280928_1.gif 201611280929_1.jpg