建設事業への外資参入規制、緩和の可能性

2017/09/11

まもなく第11次外資投資ネガティブ・リスト( 外資や外国人のフィリピン参入禁止・制限規定) が発表される見込である。  新ネガティブリストで注目されるのは、 建設事業への外資参入規制の緩和である。現在、 建設やインフラ事業への外資参入比率上限は基本的には40% とされている。しかし、 インフラ整備が喫緊の課題となっていることから、 公共事業に関しては、 外資の参入規制撤廃が盛り込まれるのではという期待が高まって...

有料会員になって続きを読む
201611251633_1.png 201611280918_1.jpg 201611280924_1.png 201611280925_1.png 201611280926_1.png 201611280927_1.png 201611280928_1.gif 201611280929_1.jpg