比銀行不良債権比率、11月末1.9%に

2018/01/18

中央銀行(BSP)は、 フィリピン銀行業界の2017年11月末の実績評価指標( 速報値)を発表した。  11月末の総融資残高(8兆5,735億ペソ) に占める総不良債権(元利回収遅延債権)比率(NPL比率) は1.90%で、7カ月連続で1%台を維持した。一方、 不良債権(NPL)貸倒引当率は114.62% で前月末から拡大した。  一方、総資産に占める不良資産(NPA=元利回収遅延融資+ 担保権行使による取得...

有料会員になって続きを読む
201611251633_1.png 201611280924_1.png 201611280925_1.png 201611280926_1.png 201611280927_1.png 201611280928_1.gif 201611280929_1.jpg