10月末の外貨準備高、7%減の747億7千万ドル

輸入6.8カ月分相当、残存短期負債の3.9倍

2018/11/09

 フィリピン中央銀行(BSP)は、 2018年10月末の総外貨準備高(GIR)速報値を発表した。    それによると、総外貨準備高(GIR)は前年同月末比7.0% 減の747億7,280万米ドルで、前月の749億3, 880万米ドル(改定値)を0.2%下回った。輸入の6. 8カ月分に相当する水準であるとともに、 元本ベース短期負債の5.7倍、残存ベース短期負債の3. 9倍に相当する水準でもある。    10月の...

有料会員になって続きを読む
201611251633_1.png 201611280924_1.png 201611280925_1.png 201611280926_1.png 201611280927_1.png 201611280928_1.gif 201611280929_1.jpg